目を閉じて、
この音が生まれた場所に思いを馳せる。

《 耳を澄ます 》

“耳を澄ます“は、Viento高崎の屋外にそびえ立つ鉄柱を活用し「街の小さな見晴し台」を制作する参加型プロジェクトです。「街の風」を聞く・感じるこの作品は、この街で暮らし、働く方々にご協力頂き、街から集められた資材・資源を活用し、数回にわたって公開制作されました。

プロジェクトリーダー

設置場所

パートナー企業/団体/個人(50音順・敬称略)

問屋街にある多くの企業/団体からの寄付ならびに制作サポートによってパブリックアート《耳を澄ます》が進んでいます。

企業/団体

阿久澤電機株式会社 http://www.viento-takasaki.or.jp/company/akuzawa/
関東総合資材株式会社高崎支店 http://www.ks-shizai.jp/
旭洋紙パルプ株式会社 http://www.kyokuyo-pp.co.jp/
高信産業株式会社 http://www.koshin-sangyou.com/
株式会社コムテックス http://www.comtex.co.jp/
株式会社鳥屋銅鐵店 http://www.toriya.co.jp/
株式会社プラニッツ http://www.outletkenzai.com/
ミツワ電機株式会社・高崎営業所 http://www.mitsuwadenki.co.jp/offices
株式会社吉田商会 http://www.cycle-yoshida.com/pc/others/

個人

赤澤憲一郎 (海苔を入れるために使われていた木箱)
阿部真由美 (制作サポート)
阿部 司 (制作サポート)
阿部 航 (制作サポート)
落合はる子 (清掃方法の指導)
金庭恵子 (清掃方法の指導)
狩野彰宏 (制作サポート)
小林聡 (制作サポート)
河野郁也 (塗料の色極めサポート、塗料サンプル)
狩野暢之 (制作サポート)
斉藤和枝(清掃方法の指導)
久森俊彦 (大工さんとして、ラボ+パブリックアートの制作サポート)
中島信之 (ラボに活用される資材・物品、そして食事など)
中島純子 (ラボに活用される資材・物品、そして食事など。ポジティブなアドバイスも)
斉藤正澄 (資材についていつも快く最適なものを探してくださいました)
宮地洋(ラボ+パブリックアートの制作サポート)
Jessica Fu (ラボ+パブリックアートの制作サポート)